SNSにうんざりする理由「あなたのうんざりはどこから?」

最近じわじわ考えていた「SNSにうんざりする理由」について整理します。

まず、SNSというのはいろんな面があります。

サービス(Twitterやインスタグラム、Facebookなどの違い)によって属性や内容、使い勝手などの傾向はありますが、それだけで「Twitterはクソ」などと言い切れるものではありません。

そして、主にタイムライン(自分のテリトリーみたいなもの・表示される投稿群)は自分のフォローしたユーザによって構成されていきます。
つまり、誰をフォローするか?ということが自分から見たSNSの質や雰囲気を左右します。

ここまでが私のSNS観の前提です。次に、うんざりする理由3つとそれぞれの対応方法を見ていきます。

1.流れてくる投稿の質がクソ

こちらは話題自体はあっているけど内容が期待したレベルじゃない、ということです。

良質なコンテンツを求めているのにグルーミング的な投稿ばかりが流れてきてくるとき、或いはグルーミング行動(アイサツやいいねなど)を強要されているときに感じやすいと思います。

これについては、そもそもSNSという媒体自体が合っていない、SNSに期待しすぎている可能性もありそうです。

SNSは主に交流目的に使われ、大半はグルーミング行動です。
長文でコンテンツを書き連ねたり、議論をするのには向いていません。※1

※1 Facebookなど長文投稿が可能なサービスもあるが、アーカイブとしての性能がよくないので特定の投稿を探し出すのが難しい。閲覧者は目当ての情報のために延々と投稿を遡るなど、彷徨うことになる。飲食店の公式サイトとしてFacebookページを指定することも同様の問題で嫌われがち。

対応方法

SNSに期待するのを辞めるのが一番早いと思います。

具体的に知りたいことがあるなら、都度検索して情報を得るほうが建設的ではないでしょうか。

たしかに、昨今は検索エンジンやインターネットのコンテンツがクソになっているという指摘も多いです。

しかし、グルーミングの山の中からコンテンツを見つけるよりはコンテンツの山の中から良質なコンテンツを見つけるほうが楽です。
また、各ジャンルのマニアが身銭を切って運営しているサイトや、企業が自分の客を育てるために運営しているサイトなどもまだまだ頑張っています。

知識のインプットはそういったサイトや専門書で行い、アウトプットや息抜きだけSNSに任せる、というバランスがいいかもしれません。

2.流れてくる投稿のテーマがクソ

こちらはそもそも話題(テーマ)自体が自分の期待している内容と違うパターンです。

流れてくる投稿に嫌悪感を抱く、自分の倫理観的にNG、まったく興味のない分野、というときのことです。

そもそもフォローしている相手が間違っているのではないでしょうか。

しかし、人間はそもそも多面性のある生き物です。
主な趣味の1つか2つ、メインの趣味の関連テーマなら一致するかもしれませんが、

「あの人の趣味の1から10まで自分と合致!ハッピー!」みたいなことはほぼ無いと思います。合致した場合は自分か相手が寄せていってることを疑います。

対応方法

フォローしている相手を整理するのが簡単な方法です。嫌悪感を感じる場合は、都度フォローを解除していく、あるいはミュート(相手に通知されない)するとダメージが軽く・早く済みます。

こういった「興味のないテーマいらねぇ」の流れに沿うなら、

テーマごとにアカウントを分け、自分もその専用アカウントしかフォローしない

という手法が使えます。

しかし、この場合は人柄を感じるツイートが減りやすいです。(前提として興味のないテーマいらねぇ!の流れを汲んでいるため)

人柄を感じられず、観測(フォロー)自体は誰からも可能なため、

  • 内容がない投稿ばかりだと人が離れていく
  • 神聖視されたり、粘着質なアンチが出てきたりする
  • 趣味以外の「生活」があることを想像できない人が出てくる(無茶を言われる)

というデメリットもあるようです。

Twitterでは絵描きさんなどがアカウントをイラスト専用にしたときに起きやすいのかな、という感想です。

3.人間関係がクソ

グルーミング自体は好きだけどフォローしている中の何らかのグループに嫌気が差しているということだと思います。

交流したくないけど何らかの理由で交流を断てないからクソ、個人個人は好きだけど組み合わさるとクソ、特定の場面になるとクソ、などのパターンです。

人間関係の問題や悩みというのは人間のような社会的動物の宿命みたいなものだと思います。
ときには命の危険にまで発展するところも含めて、群れで生きる動物あるあるかもしれません。

幸いなことに、SNSのみでの関係ならばいつでも見切りをつけることが可能です。

対応方法

サクッとミュート、フォロー解除、あるいはブロックしてしまってもいいのではないでしょうか。リアルで刺されそうならミュートがおすすめです。
(こういうときにややこしくなるのがオフ会等の面倒くささだと思います)

「なんとなく申し訳ない気がして」というのは、ガチの危険がない場合は惰性なのかもしれないと私は思っています。行動を起こすのには気力が必要なので、それも仕方ありません。

でも、うんざりすることで気力を消費し続けているだけでは何も解決しないので、思い切っていってみるのがよいでしょう。

あなたのうんざりはどこから?

あなたのうんざりはどこから?と聞かれたとき、ベンザブロックのCMみたいに「私はここから!」ときっぱり言える人は少ないと思います。

一人の人物へのうんざりをとりあげて見ても「投稿内容はためになるけど普段の投稿は暴言まみれで…」など、あるあるだと思います。

しかし、どのウエイトが重いのか意識してみる・自分のストレッサーになっていることを知れば、やや住心地がよくなるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする